ページ

Google+ Followers

2016年9月1日木曜日

流されるか取り残されるか




食べ物がなかった時代から病気を気にしなきゃいけないほどの飽食の時代になって、生活が便利になったと思ったらそれらが環境汚染を引き起こして、簡単に情報交換ができることが個人の生活を危うくする。

最近はロボットや宇宙ビジネスが盛んです。そして薬や医学がどんどん発達して寿命がどんどん伸びる。夢があって困っていることが解決されるようないいことばかり言ってますが、ちょっと考えるとまたまた思いもしない影響や結果が付いてくることは、容易に想像できます。その影響や結果は、規模が大きくなればなるほど重大になる、、。

人間は、どんなに便利になっても「こうなるといいんだけどな〜」と夢見る。そう考えると原始時代と今って満足度は変わってないような気もしてきます。なんだか皮肉たっぷりの短編小説のようです。

時代を作る人がいるように見えて、実は時代に操られている気がしてきます。誰一人として流れに乗るなんてかっこいいことはできずに流されているように思えます。流されない人間は時代に取り残される。そのどちらか。


人間って進化という幻に流されているだけの気がしています。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村











0 件のコメント: