ページ

Google+ Followers

2016年9月29日木曜日

歌詞

話題になっている日本人のバンドの歌を聞きました。
噂通り歌がうまくてさすがだなと思いました。

しかし歌詞が。。
「身近な言葉で語りかけてくれる」のがいいとは言っても、「愛してる」「君だけ」「ずっと一緒」「フ〜ン〜」って。
陳腐過ぎて音楽が聴けません。

私は桑田佳祐さんの歌詞が好きなのですが、誰にでも書けそうで絶対誰にも書けない詞です。彼の歌詞は韻を踏んでて言葉の面白さや美しさや可能性が広がっています。
クラッシックやビートルズなども大して意味のない事を歌ってたりしますが、言葉という音やリズムを生かしきっていてそれを含めての音楽になってます。伝わるメッセージも誰もが思ってるのに自分では気づかないようなことだったり、軽い言葉で核心をついていたり、単なる感情の吐露やはけ口ではありません。

作詞は歌唱力とは別の才能、センスです。
歌詞は本当は誰にでも書けるものではありません。
「シンガーソングライター」の方が、人の作った歌を歌ってる人より価値の高い感じがしますが、逆にせっかくの歌唱力、演奏力が台無しになっちゃいます。


私は歌詞にはうるさいです。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

0 件のコメント: