ページ

Google+ Followers

2015年3月17日火曜日

やり直せないなら

この年齢になって気づかないでやって来てしまったことが沢山あったと気づきます。


ピアノで間違えてもう一度最初に戻って弾き直したいのは間違えた事をリセットしたいからです。最初から最後まで思い描いている形にしたい、だって普段の私はそれが出来ているから、そんな気持ちだと思います。

でもそれをされると聞いている人はとても不快な気持ちになるんです。
ともするとやり直した時点でもう音楽は耳に入ってこないかもしれない。
ともすると自己満足だけが聞こえてしまうかもしれない。
弾き直したあと間違いなくスラスラ弾けても聴いている方の気持ちはこれです。
反対に、間違えても弾き続けらえると、そのときはあれ?って思っても音楽が進むにつれもう忘れてしまうんですね。間違えたことを。

人生やり直せるならリセットしてやり直したい。
無傷の人生を送りたい。
でももう始まってしまったからには、ピアノも人生も一緒、時間は巻き戻せないのです。たった一度なのです。


演奏が終わったときに「よかった」と思えるのは、無傷の演奏とは限りません。
演奏も人生もやり直せないなら、そこから後どれだけ立て直せるかですね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村





0 件のコメント: