ページ

Google+ Followers

2015年3月29日日曜日

練習

「先週はすごく練習したのに合格しなかった、、、」
やらなかったから出来ないのはわかる、でもやったのに出来ないって自分の能力のなさを突きつけられるようでつらいです。


世界フィギュアがあり宮原知子さんが2位になりました。
宮原さんのコーチが「彼女は飲み込みが早いわけではない、人の3倍やって人並み」と言っていました。

これを聞いてある小学生の生徒さんを思いました。
とにかく素直に聞いて言われた事をやります。練習して来ても合格しないことはもちろんあります。そんなときはものすごくがっかりしていますが、それでも次の週言われたところをくさらず直してくる。それでも合格しない、そうしたら更にがっかりして半分イライラしているけれど次の週またちゃんとやってくる。
「すごいなあ」と思い感心します。どんどん上手になるのをいつも楽しみにしています。


私たちが「すごく練習した」というのは、自分の今までの人生の中でほかの日と比べて、他の事と比べて練習したって話だけであって、本当にすごく練習しているという人はもっともっとしているのです。しかもそういう人は練習してもダメでも練習している。ダメじゃなくなるまで練習しているのです。


やれば出来るのは天才。やって出来るならもっともっとみんな出来ているのです。
やっても出来ない、これを乗り越えていくのが練習だと思います。




0 件のコメント: