ページ

Google+ Followers

2016年8月22日月曜日

音楽は娯楽でない

あるピアニストが「偉大な作曲家は娯楽で音楽を作ったわけではないので、ちゃんと伝えなければと思います」と言っていました。ハッとしました。

作曲家が命をかけて作ったのはわかっていたつもりです。
でも、改めて「遊びではない」という言葉を聞いて自己顕示のために弾いてるフシがある自分を反省しました。

音楽を聴いて楽しむとか弾いて楽しむとことはとてもいいことです。ちっとも作曲家への冒涜にはなりません。望むところでしょう。
けれど私の場合、人前で弾く時どうも「上手に思われたい」「センスがいいと思われたい」「知的で深い人間に見せたい」というような浅ましい下心を持っている気がします。多分、私が作曲家だったら一番嫌うことです。これは冒涜ですね。


この見栄っ張りな性格改善のためにも、楽譜をもっと読みこんで作曲者の思いに沿わなきゃな、と思いました。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村












0 件のコメント: