ページ

Google+ Followers

2016年8月10日水曜日

人の幸せのため

イチロー選手が3000本達成しました。
その時に「記録より、僕が何かをすることで他人が喜んでくれることが何より大事だと再認識した」と言ってました。



こんなにストイックに頑張れるイチロー選手を、「よっぽど野球が好きなんですね」と言っている解説者がいましたが、イチロー選手は「プロになってからは子供の頃のような喜びはない」と言っていました。

イチロー選手が背負っているものを感じて、なんだか胸が締めつけられました。
あまり感情を出さないイチロー選手。
差別の国アメリカで孤独に黙々と努力し続けるイチロー選手。
それが自分のためじゃないんだって思うと切なくなります。

一昨日、天皇陛下が生前退位をご希望との映像が流れました。やっぱり自分という個人としてでなく「天皇」として生きてこられた方です。
イチロー選手にしても天皇陛下にしても、人の幸せが自分の幸せということ。
人のために何かをするというと、ボランティアとか福祉を思いがちですが、それぞれの立場や生まれ持った才能を生かすことでこんなにも人々の幸せに貢献している。
地位があって才能があって好きなことをしている人というのは、何もない我々から見ると羨ましい限りですが、でも同じ人間ですから立場や才能を生かすことがどれだけ大変か。
イチロー選手にしてもオリンピックにしても好きなだけではできない。
見ていればわかります。

それを任された人は大変ですね。
自分を超えて人を喜ばせる。。なんだかやっぱり神様の采配なんだろうなと思います。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
















0 件のコメント: