ページ

Google+ Followers

2016年12月23日金曜日

西洋音楽とピアノ

音楽の魅力の一つは楽器です。
日本の楽器もアジアの楽器もなぞだらけです。
西洋音楽でも菅楽器、弦楽器は不思議です。
しかし西洋音楽が世界を席巻したのは、ピアノという楽器の発明でしょう。

ピアノは実にテクニカルですが謎はありません。あの複雑さは驚きですが、そこに答えの全てがあります。
だれでも同じ音程が出ること、一度にいくつものことが出来る、そして平均律ですね。これはいいか悪いかというと難しいところですが、そのおかげでみんなが色々なことが出来るようになりました。

ピアノはある意味個性がありません。
三味線でロックとかありますが、あくまで三味線の味を活かしたロック。
ピアノは演歌もポップスも、あたかもまるで元々そうであったかのように、貴族の音楽だったなんて微塵も感じさせず演奏者のなすがまま音を出す。

優秀な人は人を引き立てる、のお手本ですね。
年々ピアノへの愛が深まります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



0 件のコメント: