ページ

Google+ Followers

2016年10月7日金曜日

夢は叶うのか?



成功者はみんな「続けていれば夢は叶う」と言います。
成功してるから言えるんでしょ、と一応ツッコミを入れますが、私もそう思います。

私が成功しているから言ってるわけではないのはもちろんですが、まず「絶対何になりたい」「絶対何をしたい」と本気で明確に夢を持ってるってことがもう夢の半分のところにいると思います。
実際、本気で明確な夢を持っている人って少ないと思うのです。
本気で明確だと今何をしなければいけないかわかるし、本気ならそのための行動をしますよね。
私は昔、漫画家になりたいと思っていましたが、なんと漫画一本も描いたことありませんでした。本気でしたが本気でなかったことが判明しました。それに気づいたのは最近です。

そして残りの半分は、続けるというふるい。

能力に関しては、本気で努力していくと、いくらなんでもさすがに続けてる途中で気づくと思うのです。
「ピアニストになろう」という夢を本気で明確に持っていても、実際あれも弾けないこれも弾けないだと、運とかなんとか言う前に、これでは無理だと自分でわかります。努力すれば弾けるかっていうと本気で死ぬ気で努力すればこそ、努力ではどうにもならないことがわかります。
「女優」になりたいと思ってもオーディションで周りを見ればわかります。
自分を知っていくうちに女優になろうとするのは間違いだと気づきます。
自分を知るには周りを知らないといけません。

しかし、ここは夢を諦めるのではなく本当の夢を知る一歩だったりします。単なる憧れと天職は違うと思っています。
ピアニストになりたいとピアノを続けていればこそピアニストより指導者が合っていてピアニストを育てるという違う夢に気づいたり、弾くことより音楽研究が合っていたり、それでも演劇を諦めきれず続けていたらヒロインの役でなく演技派の女優として脇役で輝くかもしれない。夢の途中で結婚して、もしかしたら自分の子供の歌に合わせて素敵なピアノを弾いてあげたり、なりきって絵本を読んであげたりするのが一番の喜びかもしれないし、全然別の世界でその感性を活かし、営業で多くのお客さんに直に接して喜んでもらうこともある。

人間全員同じ能力で生まれてこないという点で不平等ですが、夢は自分で探し夢に向かって努力しそれに生き甲斐を見つけるという点においては平等です。初めの夢は違っていたとしても本気で明確な夢に向かった努力は運を呼ぶと思います。

じゃあ誰々と結婚したいという夢は叶うのか、という話ですが、私が思うに「人生賭ければ」それも叶うと思います。
でも、もし同じ人に何回もフラれてるとしたら、もしかしたらその人と自分は合わないってことを教えてくれているのかも。
それでも純粋な気持ちで30年くらい思い続け行動し続けたらその思いは叶うと思います。その一途さに他の人からオファーかかっちゃってそっちに行く可能性もまた新しい夢であり。自分だけ満足のストーカーは問題外の外です。


夢は叶う。そう思います。
そういう私の夢は何かというと、さしてありません。
夢を叶えるためには明確な夢がないといけません。
これから本気で明確な夢を探して設定したいと思います。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






















0 件のコメント: